Now Loading...

ロートレック、ロダン、コクトーらのミューズ〈シルクと光のダンス〉で、新時代を切り開いた伝説のダンサー、ロイ・フラーの驚愕の実話
暗闇の中から光の花が現れた      19世紀末ベル・エポック。世界にひとつのダンスで、熱狂を巻き起こしたダンサーがいた。彼女の名は、ロイ・フラー。マネの絵でも有名な〈フォリー・ベルジェール〉で、一夜にして時の人となる。それは、自ら色や角度を設計した光の照明の中で、シルクの衣装が様々な形を織りなす、誰もが初めて目にするダンスだった。“モダン・ダンスの祖″と呼ばれ、パフォーマーとしての天才的なセンスが今再び評価されているロイ。偶然見た、長い衣装をまとって踊るロイの写真に衝撃を受けた写真家のステファニー・ディ・ジューストが伝記を基に映画化。夢を実現させるために闘ったロイの強い信念に心揺さぶられる、愛と友情のドラマが誕生した。
ロイのライバル、イサドラ・ダンカン役には、“ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの美しすぎる娘”、リリー=ローズ・デップが熱演!
ロイ・フラーには、ミュージシャンとして大ブレイク、先日の国際女性デーのマドンナのショートフィルムに出演し、ファッションアイコンとしても話題のソーコ。体力を消耗するので、3日おきにしか踊れなかったというロイのダンスを見事に自分自身のものとし、不屈の精神を力強く演じきった。ミステリアスなドルセー伯爵には、『たかが世界の終わり』でセザール賞を受賞したギャスパー・ウリエル。ロイに見出されるが、後に最大のライバルとなる伝説のダンサー、イサドラ・ダンカンには、リリー=ローズ・デップ。ただそこにいるだけで人々を虜にするイサドラを完璧に演じ、恐るべき才能を見せつけている。